援助交際の実態とは

援助交際というのは、男性と女性で目的は違います。
男性は快楽を感じたくて援助交際をして、女性はお金を稼ぎたいから援助交際をしているのです。
ですが、本当に女性はお金だけのために援助交際をして男性に体を委ねているのでしょうか?

中には、お金目的だけではなく、自分もセックスをするのが好きだからしているという場合もあるでしょう。
男性にお金をもらうためだけにセックスをしている人もいれば、セックスも楽しみたいしついでにお金も稼ぎたいと考えている女性もいるのです。

むしろ女性だって性欲は持っているものなのですから、前者の場合よりも後者の場合のほうが多いのかもしれません。
男性よりも女性のほうが強い性欲を持っている場合だってあるわけですからね。
このような女性の場合、話をしている時は普通だけど、ホテルに行くと自ら求めてくることもあると、援助交際経験者が語っていました。
逆に性欲がそこまでなく、エッチにも興味がないのであれば、わざわざリスクの高い援助交際でお金を稼ごうとは思わないのではないかと思います。
その点から考えると、援助交際をしている男性と女性は目的が同じなのだといえるのかもしれません。
ちなみに、援助交際をしてみて体の相性が良かったから、その男性と援助交際は別にして、セフレの関係になると言う事もあります。
それを考えると体の相性や男性のセックステクニックもとても大切なのかもしれません。

どうして女性は援助交際を始めるのか?

10代の多感な少女たちというのは、いかにいろいろな男性に好意を持ってもらえるのかが重要だと思っていることが多いです。
普通であれば、友達などから交友関係を始めていって、男性と交際をしたりするものなのですが、彼女た援助交際をして、色々な男性と関係を持つのが手っ取り早いと思ったり、お金を他の女の子たちよりも稼いでいることをステイタスだと感じていることが多いのです。

ですが、援助交際をするべきではないと言う事は皆さんもご存じのとおりです。
援助交際では、確かに男性との関係をいくつも持つことができますが、その男性はあなたに好意を持っているわけではなく、自分の欲望を満たすためにあなたと援助交際をしているのにすぎないのです。

だから、お金をあなたに出しているのであって、貴方を見ているのではなく、貴方の体だけを見ているのです。
ですから、貴方が相手の男性に必要とされていたり、愛情を持たれているわけではないのです。
男性は若い女性の体を堪能したいから、援助交際をしたいと思っているのにすぎないと言う事を忘れてはいけません。
それに援助交際というのはリスクが高く、自分の人生が大きく狂ってしまうこともあります。
今もしも援助交際をしているのであれば、すぐにやめるべきなのです。

友達がしていたから援助交際をし始めた

女性の中には、他の友達が援助交際をしていたから自分も始めたという人も多いのではないでしょうか?
友達がしていたからだけではなく、単純に高収入という面に惹かれて始めたという人も多いでしょう。
最近では、若い少女でもすでにセックスを体験している女の子が多くなっていますし、色々な人とセックスをするのは一種のステイタスだという風潮もあるため、
援助交際をしても罪悪感を感じないという子も増えてきています。
分別のつく大人の場合、援助交際は悪いことだと理解をしているのですが、まだ幼い少女たちはセックスをすることによって、どんな責任を負うのかを理解していないことが多いのではないでしょうか?
未成年ですから、自分だけですべての責任を負うことはできません。
ですが、これを理解していないからこそ、リスクがとても高い援助交際を始めてしまうのかもしれません。
援助交際をしている男性からすれば、援助交際をしてくれる少女がいるのであれば問題はないわけですので、男性も責任については全くといっていいほど考えていないのかもしれません。
どちらかが責任についてしっかりと考えているのであれば、ここまで援助交際をする人が増えるということはなかったのではないでしょうか?
友達もしているから安心だろう、援助交際をするだけで多くのお金を手に入れることができるのだから魅力的だと思っている女の子は多いのですが、
そのあとで、途方もないくらいの罪悪感に襲われてしまうことをちゃんと理解するべきだと思います。
少女たちというのは友達との仲間意識が強く、断ってしまったら友達がいなくなってしまうのではないかと考えてしまうことが多いです。
そして、自分でも悪いことだと分かっていても、援助交際をしてしまう女の子もいるのです。
ですが、してはいけないことだと分かっているのであれば、その友達との関係がどうなろうとも勇気を出して断るようにするべきなのではないでしょうか?

援助交際を始めるきっかけが増えてきている

警察などでも援助交際の撲滅するために厳しい取り締まりを行っているのですが、援助交際をいまだに根絶させることはできていません。
まず、男性は性欲を発散させたいと考え、女性はお金が欲しいと思っているという根本的な理由が根底にあるからです。
この男女の利害が一致をしているため、完全に援助交際を根絶させることができていないのです。
かつては街中で声をかけて援助交際の相手を探すというのが主流になっていたものです。
ですが、昔とは違ってインターネットで援助交際の相手を探すことができるようになっており、昔以上に手軽に援助交際を始めることができるようになっているのです。
ですから、昔よりも援助交際をしている人が実は多くなっている可能性もあるのです。
昔から援助交際は社会問題になっているのですが、その援助交際での逮捕者や補導された女の子の数は増え続けています。
また、その援助交際の相手を探せるようになっている援交掲示板の数も増えてきています。
匿名性が高く、気軽に始めることができるため、さらに取り締まりをすることが難しくなってしまっているのが実情なのです。

援助交際は実は歴史がとても古い

昔は娼婦や売春という商売がありましたが、今行われている援助交際も結局のところは、売春や娼婦と何ら変わりはありません。
お金を手に入れることが目的の女性と、お金で女性を好きにしたいという男性がいるから成り立っているのです。
売春や娼婦というのは、日本は法律で禁じられています。

援助交際もしていることは同じですから、援助交際も違法と言う事になります。
女性は男性に体を自由にさせる代わりに、その報酬としてお金をもらっているのです。
売春や娼婦というのは、お金をもらうということはしていましたが、仕事として行っており、生活をするために売春行為をしていたのです。

逆に援助交際というのは、娯楽やほしいものを手に入れるために行っているということが多いように思えます。
それを考えると、女性はしていることは同じなのですが、その目的は違っているといえるのかもしれません。
またお金が欲しいからではなく、刺激がほしいから援助交際をしているという女性も中に入るようです。
自分の体なのだから自己責任でいいではないかと考えている人もいるかもしれませんが、法律で禁じられているのですからするべきではないのです。

男性としても、自分の欲求を満たしたくて行っているし、自分のお金を使っているのだから別にいいのではないかと思っている人もいるかもしれません。
ですが、自己責任というよりも、法律というルールで禁じられているのですから、するべきではないのです。
彼ら、または彼女らの考え方を改めるようにしなくては、いたちごっこの状態が続いてしまうのではないでしょうか。

援助交際はかなりの高収入だからやめられない

女性からすれば、男性と数時間ホテルに行ってセックスをするだけで、かなりのお金を稼ぐことができるので、高収入のアルバイト感覚の人もいるのではないでしょうか?
その援助交際をしようと思っているのであれば、初対面の男性とセックスをすることに抵抗を感じないことが必須条件といえるでしょう。

自分も納得をして援助交際をしているのだから別にしてもいいのではないかと考えている人もいるでしょう。
中には数万円どころか、1日に10万円を超えるお金を稼ぐことも可能になっているのですから、ここまで条件のいい仕事はないと考える人もいると思います。
男性としても、お金をそれだけ出す代わりに自分が満足できる性的なサービスをしてもらうことができるわけですので、魅力を感じている人は多いのではないでしょうか?

男性も女性もいいと思ってしているわけなので、別に援助交際くらいしてもいいではないかと考える人は今も昔も多いものです。
援助交際などの売春行為をすることにためらいを感じていない人も多いわけですから。
その援助交際をしている女性の中には未成年の女の子がとても多いです。

特に女子高生の場合、この援助交際に魅力を感じている場合が多いように思えます。
男性は援助交際は犯罪だと言う事はちゃんと理解をしているのですが、理性が本能に負けてしまう人が多いのです。
犯罪ではあるけど、お互いが承諾をしていて、だれかを傷つけるわけではなく、お互いにメリットがあると言う事を言い訳にして行っているのです。
ですが、もしも逮捕されて、このような言い分を言ったとしても、法律で厳しく罰せられることに変わりはありません。

援助交際についての考え方は人によって違う

援助交際も売春をしているのと同じことなのですが、援助交際というのは性欲があるから行われているといっても過言ではないでしょう。
性欲がないのであれば、お金を出してまでセックスをしようとは思いません。
それに性欲というのは、当たり前の本能なのですから、性欲があることは罪に問われることもないです。
性欲を発散させるための方法として風俗を利用するという手段もありますが、風俗というのは売春ではなくセックス自体は行われません。

ですから、風俗では自分の性欲を抑えることができず、援助交際に興味を持つようになる人も多いのです。
お金を数万円ほど女性に渡すようにすれば、援助交際でセックスをすることができるようになっているため、彼らにとっては魅力的に感じるわけです。
相手も同意をして行っているわけですから、悪いことをしているという意識がない人もいます。
女性側としても、お金をもらってセックスをすることに同意をしているわけですから、二人だけの問題だと考えている人もいるでしょう。

お金や物品が絡んでいないのであれば、セックスをすること自体に確かに違法性はないのですが、金品のやり取りをしてセックスをすることは法律で禁じられているのです。
犯罪であることは変わりないですし、お金のやり取りをして体の関係になることを否定的に考えている人も多いです。
ですから、援助交際をしていることを第三者に認められるということはないのです。
そのため、誰にも気づかれないように援助交際をしようとしている人が多いのですが、実際に援助交際をして逮捕される人が多いのも現実なのです。

お互いが望んでいても援助交際はするべきではない

逮捕されなければ援助交際をしても大丈夫だろうと思っている人もいるかもしれません。
確かに上手に行えば、警察にも周りの人にも気づかれずに援助交際をすることも可能です。
ですが、そんな保証はどこにもありませんし、援助交際は犯罪なのです。

いつ自分が逮捕されてしまうか分かったものではありませんし、逮捕されなくても後悔をするときがやってくるのです。
特に女性の場合、初めて会う男性とセックスをすることになるのですから、仮に補導されなかったとしても、いつか自分が結婚をして子供を産んだときに、自己嫌悪に陥ってしまうと言う事は多いのです。

ですから、援助交際というのはするべきではないのです。
男性の場合、若い女の子とセックスができるわけですから、大きなメリットを感じている人もいるでしょう。
ですが、相手が未成年だった場合、その日に逮捕されなかったとしても、いつ警察がやってくるか分かったものではありません
警察に逮捕されたら、家庭も崩壊してしまうことになりかねませんし、会社も辞めさせられてしまうことになるでしょう。
貴方が逮捕されてしまうことで、家族にも会社にも迷惑をかけるということを認識しておかなくてはなりません。
援助交際は両社が合意をしているとしても、法律で罰せられることになるのです。

特に未成年者の場合、相手も援助交際に納得をしているとしても絶対にしてはいけません。
逮捕される可能性だけではなく、自分が目を離した隙を狙って窃盗をされてしまうということだってありますし、美人局などの脅迫をされることだってあるのです。